カテゴリ: 植木語録

その5 植木は、こんなことを思いました。

『最初は短距離走、次は終わりのないマラソン、そして、下りのエスカレーターを上っている感覚になれば起業家から企業家の仲間入りである。』

▼質問に対して、答えが変わる自分がいた

創業間もない頃、感想を聞かれると「無我夢中で走っています」と答えた記憶があります。ほんとに、右も左も分からず走っていたと思います。
1日が終わるとホットして、まるで短距離走を全力で走った後のような気分でした。

数年後、「次々と先の電柱を目標に走っているマラソン気分。ただマラソンは42.195Kmとゴールはありますが、ゴールは見えない」と答えました。
起業して、走り始めるとゴールはないことを痛切に感じました。しんどくて、止まれば倒産である。

最近の質問には「下りのエスカレーターを上っている感覚」と答えています。
マラソンは、止まらなくてもスピードを落とすことは可能です。しかし、下りのエスカレーターは、止まることも、上るスピードさえも遅く出来ません。足をしっかりと上げて一段、一段、上に行かなければなりません。

▼下りのエスカレーター

ビジネス全て、止まれば終わりです。
次から次へと新たな問題にも立ち向かう必要がありますし、現状に満足して止まると一瞬に下まで落ちてします。常に、新たなチャレンジを行う必要があるのです。

人・物・金とビジネスに必要なものですが、全て満足に揃っている企業は皆無であろう。
揃っていなくても、少しでも上の段に上っておかないと、いざと言う時に下まで落ちないように頑張る必要があります。


こんな感想をある経営者の方にお話しすると「植木さんも企業家ですね」と言われました。

その4 植木は、こんなことを思いました。

『出来ない理由の説明ではなく、どうすれば出来るかを経営者は聞きたい』


▼○○だから出来ない

「忙しいから出来ない。。。」 私だけではなく、多くのサラリーマンの方は、一度や二度、身に覚えのある言葉ではないでしょうか。
忙しいから出来ない。なら、暇になったら出来るのでしょうか。
又、受注が大量に入り、生産が追いつかないと言う工場関係者もいると思います。
忙しいから、受注が多いから。。。そんな出来ない説明を聞いても何も前に進みません。

「○○をすれば(実行する上での費用、体制も)出来ます」の言葉を、管理する側、経営者は待っています。


▼考え方の紙一重の違いで、成果は大きく変わる

○○だから出来ないと置いてしまうのか、それとも、○○をすれば出来ると置くのか。
少しの差と思う人も多いかもしれないが、成果は大きく違うのである。
出来ないと置いてしまった人は、工夫せず(工夫を考えず)安易に発したのが殆どのはずである。

それに比べ、出来るとした人は、自身の工夫だけではなく、組織の工夫、他部門も巻き込んだ全社的な取り組みも含まれているはずである。


▼評価

管理側、経営者は『どうすれば出来るか』の言葉をいつも発する必要があると思います。

○○だから出来ないと言う人の評価は、Dランク。

○○をすれば出来ると言う人の評価は、Sランク。

管理される立場から、管理する立場に変わり、そして経営者になると考え方は大きく変わりました。

その3 植木は、こんなことを思いました。

『お客様が神様なら、取引先は仏様、関わっている人に感謝する気持ちがないとビジネスにならない』

▼近江商人の三方よし
企業の社会貢献(CSR)のセミナーは、大繁盛しているとのこと。その時に必ずと言っていいほど“近江商人の三方よし”が引合に出されます。
実際、私も講演時にこの話しを例に出すと、聴衆の反応が良いのです。

ビジネスにおいて、当事者の売り手と買い手だけではなく、社会全体の幸福につながるものが必要の意味で、売り手よし、買い手よし、世間よし、の三方よしである。
近江商人は、地元で商売するのではなく、地縁、血縁のない地域に行商に行き、富を築いたのです。その他国での商いの心構えを説いた教えが、三方よしである。


▼ビジネスの基本
お客様の足元をみて、荒稼ぎするのではなく、適正利潤で販売する。
仕入先に対しても、買いたたきするのではなく、適正利潤を確保してもらう。
今の世の中、競争が激しい中、適正利潤の確保は難しいのは事実です。
しかし、自分だけ儲かったらよいと思っていると、必ずと言っていいほどしっぺ返しはあります。

ビジネスに関わっている人、社会に感謝する気持ちを持つことが、今も昔しもビジネスの基本である。

その2 植木は、こんなことを思いました。

『名刺が威力を発揮するのは、営業だけが持つことではなく、社内勤務、パートなどそこで働く全員が名刺を持つことからはじまる』


▼名刺代をケチる会社は衰退する

営業で顧客企業に行き、オフィス用品を発注している担当の方と名刺交換する機会があります。 すると申し訳なさそうに『すいません、名刺がないのです。。。』

何故、会社は女性に名刺を与えないのか?

・外出することがないので必要ではない。
・来社する業者は、社名、住所、電話番号などの基本情報は知っているので必要ではない。
・使用頻度から経費削減を行っている。
・名刺は営業だけの物と思っている。
・職場の小さな諸問題に気配りする人材がいない。

名刺とは何ぞや! 単に“名前のカード”と思い、名刺代をケチる会社は衰退すると言っても過言ではありません。


▼名刺一枚でモチベーションが変わる

外出しない事務員であっても、プライベートにどこに勤務しているか、友人、親戚などから質問を受けていると思います。

その時に名刺があれば『こんな会社に勤めています』と自信を持って言えることにより、会社、仕事に対しての姿勢が大きく変わるはずです。


▼名刺一枚でも広告宣伝

広告宣伝は、チラシや新聞などの媒体だけではなく、名刺もそのツールである。
営業だけが配るより、事務員も含めた、より多くの人が配る方が広告宣伝の確率は向上する。

名刺の威力は、働く全員が名刺を持ち、名刺交換を行うことで、その威力は飛躍的に向上します。


経営者の方:名刺はどうなっているか、諸問題に気配りする人間はいるか、確認されることをお勧めします。

従業員の方:全員が名刺を持っていない会社なら、上司に提案されることをお勧めします。

もし、上司が“無駄”と言われたなら、衰退する企業と思い、転職も検討されてはいかがですか。(少し過激な発言になりました)

その1 植木は、こんなことを思いました。


『企業の社会的責任(CSR)の三原則は、その企業の最大限を行う。継続する。一番大切なのはトップの率先垂範である。』



▼その企業の最大限を行う

企業の社会貢献=お金と考える経営者も少なくないですが、お金だけではなく、物や場所の提供、人的パワーの提供なども含まれる。社会的責任とは、社会に貢献するだけではなく、その企業で働く全員が活動を通じて、意識改革を図ることに大きなメリットがあります。

つまり、お金だけの提供では、意識を変えることは出来ません。
CSR冊子や社員教育だけで、企業の社会的責任と言っている、偽物活動の中に大企業が以外と多いのには驚く限りです。


▼継続する

一度や二度の活動で企業の社会的責任を果たしているとは言えません。目先の成果を求めるのではなく、コツコツと継続をし、振り返ると社会的責任を果たしていると思うようにならなければならない。つまり、社会的責任は、過去形なのである。


▼トップの率先垂範

大企業では、CSR推進室の部署を設けて担当者任せにする風潮がある。企業である限り、部署を設置すると半年、一年の短いサイクルでその部署の成果を求められます。
成果を求められても予算が少なく、どうしても小さな、誰にでも出来るテーマに走ってしまいます。企業の最大限を行うには、組織の下からの動きではなく、トップダウンが必要なのです。

そして、トップが参画しない活動では、従業員の意識改革は生まれず“やらされている”と思い本来の活動ではなく、虚像に終わってしまいます。

↑このページのトップヘ