(株)カスタネット、植木です。

時々、私のところに舞い降りる神様が、このクリスマスにも。。。
それは、一つのメールです。

メールタイトル>植木 力様 もしかして。。。

>植木 力様 突然のメールで失礼します。
>インターネットを検索していましたら、『植木 力』様が
>でてきました。
>栗田中学でもしかして同級生だった『植木 力』君では
>と思いメールしました。
>今、大阪市住之江区に在住しています。
>○○○京都支店にもちょこちょこ出張しますので、メールを
>お願いします。

あ!『○ちゃんだ~』

すぐ、メールに書かれていた携帯番号に電話を入れました。

約34年振りの会話でした。
「インターネットで色々検索していると、カンボジアのトレア小学校建設の情報を見て、そこに植木力の名前があり、記憶にあった名前なので、カスタネットのホームページを見て、確認されたとの事」
懐かしさと、あの別れから30年以上の月日が経過したと思うと寂しさも覚えました。
近々、会う約束をして電話を切ったのです。

○ちゃんとは、二つの小学校が一つになる、京都府宮津市の栗田中学(くんだちゅうがく)で、バレーボール部とクラスが同じだったのです。
当時、男子バレーの一年生は、私と○ちゃんの二名だけでした。
その後の日本中に吹き荒れた、男子バレーの大ブームで一気に部員は増えましたが。。。

そんなことで、○ちゃんとは仲良くさせて頂きました。
そして、三年の春だったと思います。○ちゃんは、家庭の事情で和歌山の方に転校していきました。

転校後、手紙が届き「新しい学校で、くんだ中学と言ったら笑われた」なまりがある様な校名だったからです。
(これが、後に新しい出会いに発展しました)
当時、担任の先生が皆の前で手紙を紹介したことを今でも脳裏に強く残っています。


それから、4年の月日が流れ・・・
航空自衛隊に入り同期の仲間との会話で、くんだ中学の言葉から、その同期が○ちゃんの友人であることがわかり、その奇跡的な出会いに驚いたものでした。
その後、同期の彼とは配属先などが違い、今どうしているか分かりません。
しかし、○ちゃんとの出会いで、同期の彼とも再会が出来ると思います。


▼感謝

この再会が出来たのは、インターネットで新聞などのメディア情報、ブログ、HPの情報などがネット上に残っているからである。
インターネットに感謝をしています。

そして、もう一つの感謝は親である。
ネット上に情報が残っていても、私の名前が、普段耳にするような名前だったら、○ちゃんは見落としていたはずです。
この年になって、名前をつけてくれた親に感謝しています。

亡くなった母は、私が小さい頃に『力の名前は、大きくなってから良いことが起る』と訳のわからないことを言っていました。。。
(この話しはどこかで、書くことにします)


▼嘘のようで、ほんとの話し(信じられない人も多いと思いますが・・・)

実は、○ちゃんからメールが届く一週間程前、急に彼のことを思いだし、会いたい気持ちになったのです。
和歌山方面を彼の名前で調べたら(少ない名前なので)分かるのではないかと思い、年明けにでも調べようと思っていた矢先の出来事でした。

そこに、メールです。驚きとともに、「またか」と思いました。

この様な出会いなどの話しは、一度や二度ではないのです。創業する以前から数え切れないほど起きているのです。
カンボジアのことも、数ある中の一つの現象です。

今回の様に良い話しなら、何度起きても嬉しいのですが、不幸の話しも多いのです。
ある人の事を急に思い出し、電話をするとその日に亡くなったとか。。。

霊感というものなのか、偶然が起きる、未来を予感してもそれを修正が出来ない。こんな事が嫌で、占い師に見てもらったこともあります。

これが、母が言った良いこと。。。

正月も近い。神様からのクリスマスプレゼントに感謝して、仏壇に手を合わせることにします。


追。
今回の様にインターネットで私のことを知られた方、ご一報下さい。
あの彼女、どうしているのかなあ~。


Written by 植木 力株式会社カスタネット 代表取締役)