(株)カスタネットの植木です。

友人から、第38回原稿の完成式典ボランティア募集の件、普通では思いつかないことを、どうやれば閃くのですか? と聞かれました。

学校建設をビッグニュースにしたい想いが、神様に伝わっているのでしょう。と答えたいところですが・・笑ってごまかしました。


▼ 意外性があるからニュースとして生まれるのです。

ここまで、色々な切り口でカンボジアへの活動をニュースにしてきました。
学校が完成して、カンボジアの子供たちが喜ぶ姿はニュースになると思いますが、建設中(完成近い)では難しい。

意外性もなく、新鮮さもないのでニュースにはなりえません。

そこで、PRの魔術師が考えた秘策が“ボランティア募集”です。
旅費等もボランティアの方に負担して頂くので、当社としてはお金のかからない募集(秘策)です。

ある新聞記者さんは、ボランティアに行かれた方の話しを記事にしたい。と言い、
他の記者さんは、植木さんとボランティアが映っている写真を帰国後に提供してほしいと依頼されました。

つまり、今回の秘策が次回、学校完成ニュースの“呼び水”となったのは間違いなしです!

今回のニュースは、メディアコンサル植木としても勉強になりました。


京都新聞に続き。。。。
▼ 週刊京都経済新聞にも掲載されました。

。。。。以下、掲載記事。。。。

8月9日発行 News Digestのコーナーに掲載されました。


● 校舎竣工式でボランティア募集

オフィス用品販売を手掛けるカスタネット(京都市南区、植木力社長)は、カンボジアに建設中の小学校校舎の完成竣工式を実施するボランティアを国内で募集している。
募集人数は若干名で、現地までの交通費は自己負担となる。
又、現地の小学校に寄贈する中古文房具の運搬も行う。
竣工式は10月4日に開催される予定。カスタネットは使用済みトナーカートリッジ回収して、カンボジア中部のトレア村の小学校校舎建設の資金を集める活動に取り組んできた。


ところで、京都の経済に興味のある方は、この新聞の購読をお勧めします。
ベンチャー企業の紹介など全国紙では掲載されないものが記事となっています。
それと、横書きなので読みやすい!
http://www.kyoto-keizai.co.jp/ 是非購読を!(宣伝費は頂いておりません)


▼ 産経新聞にも写真付きで掲載されました。

8月10日朝刊に、7cmX10cmの写真付きでした。

。。。。以下、掲載記事。。。。
カンボジア寄贈の新校舎完成
現地ボランティア募集  カスタネット

オフィス用品販売のカスタネット(京都市南区)は、同社がカンボジアのコンポンチュナン州トレア村のトレア小学校に建設資金を寄贈した新校舎の完工式が十月四日に開かれるのに合わせ、現地でのボランティアを若干名募集する。

場所は首都プノンペンから北約百にあり、約二十の中古文房具の運搬や子供たちとの交流を行う。

参加条件は旅費交通費、宿泊代、食事代などを自己負担で行える人。
問合せは同社(電話075・681・9100)へ



▼ カンボジアに遊具を贈りませんか!

第30回のコラム http://www.mankai.biz/ueki/index.html でも書いた通り、校舎だけではなく、遊具もあれば子供たちはもっと喜ぶと思います。
必要なものと費用は以下の通りです。

 1.ブランコ 2台×2基   84,000円
 2.鉄棒   2基      36,000円
 3.滑り台  1基      60,000円
 4. その他備品

呼びかけをしていたところ、株式会社ワコールの〇〇さんが遊具購入費用の一部にと、ポケットマネーから! 
有難うございました。


遊具購入費用に寄付をお願いします。

寄付金は、国際開発救援財団 http://www.fidr.or.jp/ から現地での購入費用となります。
この財団は、特定公益推進法人の認定を受けており、寄付金は免税の対象となります。


▼ 企業利益は有効性のあるところへ

中小企業、ベンチャー企業の社長様、勿論大企業の社長様へ

汗水流しての働きで得た利益、税金で盗られる(あえて、この表現)なら、有効性があり、形に残る物(トレア小学校の遊具)に寄付をしませんか!
寄付された遊具は、私が現地で写真撮影など責任を持って確認してきます。

『宜しくお願い申し上げます』


Written by 植木 力株式会社カスタネット 代表取締役)