2011年11月

2011年11月11日そして、11時11分に出版記念イベント

パネラーとして、東京から二人
忙しいところを無理を言って来て頂くことになりましたので、一人でも多くの参加者と思っているところですが。。。

平日の昼間なので、中々集まりません。

しかし、会社を休んでまで参加して頂ける方、京都府の北部からも参加申込みを頂きました。

午後の部の会場を使用する関係で、席には余裕があります。

事前申込みがなくても、時間の都合がつきましたら、お越し下さい。

岡崎のみやこめっせです。
10時30分~です。

11日の出版記念イベント、講演、ソーシャルビジネス町家塾の準備などの合間の週末を使い、被災地の陸前高田に足を踏み入れました。

昨日、配信したメールマガジンで書いたのですが。。。

メルマガバックナンバー→ http://www.castanet.co.jp/modules/contents/index.php?content_id=71

多くの尊い人命も失ったのですが、大切な”思い出”も無くなっていると思うと・・・

しかし、そんな町を復興したいと強い信念を持って頑張っている人達がいました。

コップの水を見て、『これだけしか無い』と考えるか『これだけも有る』
と考えるか、同じ水の量を見ても違う。

私には、ガレキしかない町に見えても、あの人達には『これも有る、あれも有る』と話してくれました。

人間って、窮地に立たされると、凄い力を発揮する動物なのかもしれない。

強行軍で行った陸前高田であったが、色々と学ぶことがあったと思います。

↑このページのトップヘ