2005年11月

(株)カスタネット、植木です。

第2章「名刺交換は戦いの場」の補足説明をすると

交流会など短い時間の場合、どちらかの片方の話しで終わってしまうかもしれない。
自分や自分のやっていることを相手に知ってもらうためにも、会話の中心をこちらに持ってこなければなりません。
しかし、初対面の人の前で、いきなりPRと言われても、なかなか難しいものがあります。そこで、相手に質問をしてもらったらどうでしょうか。その流れで自分のPRがしやすくならないでしょうか。
相手に話しを聞いてもらうための道具として名刺があるのです。

続きを読む

11月2日(水) 神戸流通科学大学の「経営学特講(ニュー・ベンチャー特講)」 実学カリキュラムで特別講師をしました。
http://www.umds.ac.jp/top.shtml

『大企業の社内ベンチャーが成功しない理由-オフィス用品販売事業でアスクルをぶっ壊すと叫ぶベンチャー経営者」と題して、講演しました。

二回生中心の学生だったため、企業が求めている人材、就職活動で自己PRの仕方など。
そして、21世紀に生き残る企業などについて話しをさせて頂きました。
居眠りの学生も少なく真剣に聞いて頂いたので、将来が楽しみです。

尚、講演中、ダイエーのビジネスモデルは20世紀型。。と天国の中内功学園長に失礼。

合掌。

京都市立朱雀中学校、教職員研修会で講演しました。

10月20日(木) 28名の教職員の方に『人を採用している企業の立場から』を演題に、企業が求めている人材は、そして、中学校・高等学校時代に学校・家庭などで必要なことなどを、講演させて頂きました。

8月2日に京都市総合教育センターの依頼で「中学校、進路指導夏季研修講座」で京都市立中学校の進路指導の先生方に講演し、それがご縁で朱雀中学校で行いました。

続きを読む

↑このページのトップヘ